拡大する写真・図版息の合った演奏を披露する愛工大名電の生徒たち=2020年10月25日午後、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場、古沢孝樹撮影

[PR]

 コロナ禍がなければ全日本吹奏楽コンクールが開催されるはずだった25日、会場の名古屋国際会議場センチュリーホールで「吹奏楽エールコンサート2020」が開催された。全国大会常連校の光ケ丘女子(愛知県岡崎市)、愛工大名電(名古屋市)、浜松聖星(浜松市)、東海大高輪台(東京都港区)、習志野(千葉県習志野市)の5高校、約800人が参加した。

拡大する写真・図版演奏とともにダンスも披露した習志野の生徒たち=2020年10月25日午後、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場、古沢孝樹撮影

 今後の吹奏楽コンサートの感染症対策を模索する目的で今回は参加校を5校に絞り、ライブ配信した。舞台上では人数や演出に制限もある中、立ち上がって楽器を振ったり、編成を変えたりしながら、それぞれの個性を生かした演奏を披露、会場からは拍手が鳴りやまなかった。

聖地で演奏を終えた浜松聖星、光ケ丘女子、東海大高輪台、愛工大名電、習志野のそれぞれの思いを聞きました。

 どんな思いでこの日の演奏に臨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら