【動画】菅氏が首相として初めて臨む臨時国会。学術会議の任命問題は。肝いり政策は。
[PR]

 菅義偉首相は26日の所信表明演説で「所得制限を撤廃し、不妊治療への保険適用を早急に実現する」と表明した。将来的に不妊治療への保険適用の範囲を拡大した時には、所得制限を設けない方針を示した。

 不妊治療は現在、不妊の原因検査など一部にしか公的医療保険が適用されていない。保険の適用外となっている体外受精や顕微授精といった不妊治療には助成金を出す制度があるものの、夫婦で合算した所得が730万円未満という制限がある。

 厚生労働省は保険適用を拡大するには一定の時間がかかるとしており、首相はそれまでの間、いまの助成制度を拡充する方針を打ち出している。政府内で年末までに拡充策の中身を検討するなか、助成制度でも所得制限を撤廃するかどうかが焦点になる。(久永隆一)