[PR]

 パラカヌーとは障害者が行うカヌー競技全般のことで、パラリンピックでは2016年のリオデジャネイロ大会から正式競技として採用されました。

拡大する写真・図版瀬立モニカ選手とカヌーを体験する香取慎吾さん=2020年10月2日、東京都江東区の旧中川・川の駅、西畑志朗撮影

 カヌーはボートとは異なり、選手が進行方向に向かって座ります。そして、パドルを使ってこぎ進み、その速さを競います。いわば「水上の短距離戦」です。

東京大会の新種目も

拡大する写真・図版カヌーに乗り込む瀬立モニカ選手を見つめる香取慎吾さん=2020年10月2日、東京都江東区の旧中川・川の駅、西畑志朗撮影

 パラリンピック競技では9レーン内で各選手が一斉にスタートし、障害物のない200メートルの直線コースで着順を競います。対象となるのは下半身や体幹に障害のある選手たちで、障害の程度や運動機能によってクラス分けをし、公平な競技が実施できるようにしています。

 クラスは重い方からL1クラス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら