[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け国民1人につき10万円を配った「特別定額給付金」の追加支給について、「財政の現状から考えて、国民の皆さんが喜んでくれるからといって安易に続けるかどうかは慎重に考えていきたい」と述べた。

 同給付金をめぐっては、党内から追加支給を求める声も上がっている。二階氏は会見で「国民の皆さんから貴重な税収をちょうだいしながら財政運営に真剣に取り組んでいる」と指摘。「どこかに積み上げているお金を配るというなら私も大いにやったらいいと思うが、やがてこれは税金としてまたちょうだいすることになるんだから慎重でなくてはならん」と語った。(野平悠一)