[PR]

 26日にあったプロ野球のドラフト会議で、福岡大準硬式野球部の大曲錬(れん)投手(22)は西武から5位指名を受けた。この日は、野球を始めるきっかけとなった兄の樹(たつき)さん(24)の誕生日。福岡大の記者会見場には、樹さんと母真由美さんがかけつけ、喜び合った。

 柳川市出身の大曲投手は小学3年の時、樹さんのチームの人数が足りずに誘われて野球を始めた。高校は西日本短大付で投手だったが、エースではなく、球も速くなかった。樹さんは「高校で野球を辞めるかと思っていた」。

 それが、大学で横手投げを上手投げに変えて開花した。記者会見では「自分の最速154キロを更新したい」と発言。記者から「160キロとは言わないの」と聞かれ、ちょっとはにかんで「160キロで」と言い直した。準硬式からプロ入りした投手は過去にもいるが、苦戦している。大曲投手は「できることをしっかりやりたい」と意気込んだ。(渋井玄人)

関連ニュース