[PR]

 名古屋を拠点に活動するアイドルグループ「SKE48」が26日、名古屋市中区の「SKE48劇場」で8カ月ぶりに観客を入れた公演を再開した。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年2月以降、公演はオンライン配信だけだった。

 再開初日は、チームKⅡ(ケーツー)による「最終ベルが鳴る」公演があり、北野瑠華さんや江籠(えご)裕奈さんら8人がパフォーマンスを披露した。チームリーダーの大場美奈さんが「ファンのみんなが帰ってきたよ」と言うと、出演者全員で「お帰りー!」と観客に声をかけた。

 公演では観客同士の距離を1メートル空け、40人に限定。観客はマスクに加えてフェースシールドを着用した。かけ声も禁止だったが、ファンは久々にメンバーに会えた思いをペンライトやうちわを振って伝えた。

 当面は出演メンバーと観客の数を制限し、週2回のペースで公演する予定という。

 終演後、ファンからは喜びの声があがった。

 ファン歴7年の男性(25)は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら