[PR]

 27日午前8時前、茨城県常陸太田市町屋町の根本昇さん(89)宅から「男に切りつけられた」と消防に通報があった。昇さんと息子の邦雄さん(59)に刃物で切りつけられた複数の傷があり、昇さんの死亡が確認された。

 県警太田署は、根本さんの会社の従業員を名乗り、「自分がやった」と出頭してきた会社員、関根幸司容疑者(48)=同県日立市大みか町1丁目=を邦雄さんに対する殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。

 署によると、関根容疑者は、同日午前7時40分ごろ、工具で邦雄さんの頭を殴り、包丁で背中を切りつけて重傷を負わせた疑いがある。邦雄さんは搬送時は意識があったという。隣家の住民女性によると、事件の発生直後、邦雄さんが血だらけで助けを求めに来た。背中を数カ所切られていたといい、「職場の従業員にやられた」と話していたという。

 現場は市中心部にある市役所から約8キロ北に位置する山あいの農村地帯。根本さん方は集落から少し離れた道路沿いにある。