[PR]

 「東大卒のクイズ王」としてブームを引っ張っている伊沢拓司さん(26)。テレビやラジオをはじめウェブメディアや書籍などさまざまな媒体で姿を見かけない日はないくらいの多忙ぶりだが、その強さの源泉は小学校の恩師に授業中、厳しく叱られた体験にあった。

(いざわ・たくし)1994年、茨城県生まれ。2016年、ウェブメディア「QuizKnock」(クイズノック)を立ち上げ編集長に。テレビやユーチューブ番組に出演。19年、株式会社QuizKnockのCEOに就任。

 東京の名門私立として知られる暁星小学校。土砂降りの日だった。6年生の社会科の授業中、クラス担任でもあった先生が「夏も近づく八十八夜」と口ずさむ。そして「題名を知っている人は」と生徒に質問した。やれやれ、いつもの脱線かと思った伊沢少年。机にほおづえを突いたまま手を挙げた。ほかに挙手する者はいない。内心、誇らしかった。

拡大する写真・図版質問には丁寧に答える。「東大というブランドでクイズに目を向けてもらえたのは意味があったと思います」と伊沢拓司さん=東京都中央区、横関一浩撮影

 とたんに雷が落ちた。「なんだその態度は! 立て!」。クラス中の視線を浴びて起立した少年に、先生が言葉を継いだ。

 「知っているから偉いのか。な…

この記事は有料会員記事です。残り1589文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。