[PR]

 公明党の山口那津男代表は27日の記者会見で、コロナ禍のなか大学受験や就職活動に臨む今年度の高校3年生や浪人生を対象に、政府が一律2万円を支給する「受験生等支援給付金(仮称)」の提案を取り下げたと明らかにした。自民党内から「所得制限が必要」などの異論が出ていた。

 山口氏は「給付の対象や方法、色々課題があることから、取り下げる」と述べた。この給付金をめぐっては、公明が6日に加藤勝信官房長官らに提案。自公で協議を続けていたが、自民からは公平性の観点などから疑問視する意見もあり、折り合わなかった。公明としては、次期衆院選や来夏の東京都議選もにらみ、成果をアピールする狙いもあったとみられる。

 また、山口氏は「大学生のみならず世の中困っている状況がある。もっと幅広く、どういう対応策が望ましいか。頭を柔らかくして検討していく」として、別の支援策を検討する方針を示した。(太田成美)