[PR]

 9月28日午後3時ごろ、通りすがりの人から電話がかかってきた。

 「お寺の鐘楼の上の方から、ずっと子猫の鳴き声が聞こえる」

 電話を受けたのは、捨て猫・野良猫のゼロを目指す団体「命にやさしいまちづくり ハーツ」(愛知県豊橋市)。

 メンバーの山口次朗さん(49)たちが市内のお寺「豊橋別院」に着くと、鐘楼の天井裏から鳴き声が聞こえてきた。

 子猫が自分で上れる高さではないため、親猫がくわえて行ったのか、それとも天井裏で生まれたのか。

 まずは、親が戻ってくるのを待つことにした。

 遅れて駆けつけた代表の古橋幸子さん(70)も、駐車場が閉まる午後9時ごろまで待ったが、親猫は戻ってこなかった。

「消防に連絡してもいいですか?」

 翌日に再び訪ねたが、やっぱり親はいない。子猫の鳴き声は、か細くなっていた。

 古橋さんは、豊橋別院の職員・柴田俊史さん(52)に「消防に連絡して助けを呼びたいのですが、いいでしょうか?」と声をかけた。

 柴田さんは「命を見過ごすわけにはいきませんから」と応じ、鐘楼に上ることも許可してくれた。

 消防に連絡すると、南消防署西分署の隊員3人が駆けつけてくれた。

 どうやって救助するかを話し合っていたところで、仕事を切り上げて到着した山口さんがこう言った。

 「高いところに上るのは慣れて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら