[PR]

 2005年5月、愛知県春日井市で木工会社を経営していた山田尚さんは、胃がんと宣告された。

 当時48歳。3カ月後に手術を受けて、胃の3分の2を摘出した。

 このころから、妻の早苗さん(55)に対して、「僕には時間がない」と言うようになった。

 車好きな尚さんだったが、父から「いい車に乗ってたら得意先から何を言われるかわからんぞ」と言われ、控えめな車種を選んで乗っていた。

 買うなら今しかないと、発売直後から憧れていたホンダ「NSX」の中古を500万円で買った。

 事前に相談を受けていた早苗さんは、自分でためていたお金で買うのだから口出しはしませんよ、と伝えていた。

1991年式の黒いNSX

 NSXの中でも人気の赤いボディーを探したが条件が合わず、1991年式の黒を選んだ。

 早苗さんの第一印象は「ゴキブリみたい」。低い車高で平べったく、黒光りしている車を見て、そう思った。

 助手席に乗って走り出すと、地面すれすれのような低い目線と、スピードにのった時の風を切る感覚が気持ちよかった。

 ある日、信号待ちで隣に赤いNSXが止まったことがあった。

 見ず知らずだったが、互いに手を挙げて会釈し、それぞれ別れて走っていった。

 これがきっかけとなって、NSXオーナーの集まりに興味を持った。

 2008年、愛知県蒲郡市であったイベントに参加すると、あの時の赤い車が止まっていた。

 その場にいたメンバーを中心に、NSXオーナーズクラブ「weisse(ヴァイス)」が立ち上がり、一員になった。

がんが転移

 2011年1月、がんが転移していることがわかった。

 治療を続けながら、年5回のツーリングと毎月のミーティングに参加した。

 最後となったのが、2013年…

この記事は有料会員記事です。残り1412文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら