[PR]

 プロ野球の新人選択(ドラフト)会議で、4球団競合の末、阪神が交渉権を獲得した近大の佐藤輝明内野手(21)が27日、球団から指名あいさつを受けた。

 関西学生リーグの通算本塁打記録を塗り替えた佐藤に対し、矢野燿大監督は「ホームラン王を狙うべきだ。フォーティーフォーティー(40本塁打40盗塁)も狙って欲しい」と大きな期待をかけた。阪神の本拠地・甲子園は右翼から吹く浜風で知られるが、元巨人の松井秀喜さんがそれを苦にせず本塁打を放っていたことにも言及。松井さんと同じ左打ちの佐藤は「風に負けないような打球を打ちたい」と誓った。

 ファンが気がかりなのは、佐藤の定位置が三塁手であること。ただ、阪神のホットコーナーは、本塁打王を争う4番大山が守っている。矢野監督は佐藤を外野手で起用する考えだが、それでも、佐藤は「本当は内野手をやってみたい」と直訴。矢野監督も「チーム事情もあるが、内野にも挑戦してもらえたら」と応じたという。