[PR]

 中東カタール・ドーハの国際空港で10月初め、オーストラリア人の女性13人が下着を脱いで下腹部の検査を受けるよう強制されていたことが明らかになった。空港内のトイレに置き去りにされていた新生児の母親を見つけるためだったとみられる。豪政府は26日、「ひどく侮辱的だ」とカタール政府に抗議した。

 豪メディアによると、検査の強制があったのは10月2日。ドーハ発シドニー行きのカタール航空便に搭乗した13人が、出発前に当局者から、滑走路に止めた救急車で検査を受けるように強制された。車内では理由を告げられないまま、下着を脱ぐように求められ、下腹部を検査されたという。

 空港内のトイレで新生児が置き去りになっているのが見つかったため、検査は母親を見つけるためだったとみられる。母親は特定できていないという。豪公共放送ABCは、他の乗客の話として「機内に戻ってきた女性たちはみな動揺していて、涙を浮かべている人もいた」と伝えた。

 豪ペイン外相は26日、「私の人生でも聞いたことがないような、ひどく不穏で侮辱的な出来事だ」と述べ、カタール当局に抗議し、説明を求めていると発表した。

 女性らは、豪州に入国した人々…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら