[PR]

 KDDIが、データ利用量が20ギガバイト(GB)で月4千円を下回る新たなプランを導入する方針であることが27日、わかった。菅政権は特にデータ利用量が多い人向けのプランが、国際的に高いとみて値下げを求めており、近く正式に発表する。

 KDDIは、データ利用が無制限のプランを主力とするauブランドのほか、データ利用量が少ない人向けの割安ブランド「UQモバイル」を持つ。UQでは現在、3GBで月1980円と10GBで2980円プランを提供しているが、ここに20GBの新しいプランを追加する見通しだ。早ければ今年度中にも導入する方向で検討している。

 菅政権が携帯各社に料金の引き下げを強く求めるなか、ソフトバンクも20~30GBで月5千円を下回るプランを検討している。NTTドコモは、親会社のNTTによる株式公開買い付け(TOB)で完全子会社になる。経営効率化が進めば値下げの原資を確保することができると見込む。