沖縄初の芥川賞作家で、沖縄とは何かを小説や戯曲で多角的に問い続けた大城立裕(おおしろ・たつひろ)さんが27日、老衰で死去した。95歳だった。葬儀は30日午後2時から沖縄県浦添市伊奈武瀬1の7の1のいなんせ会館で。喪主は長男達矢さん。

 1925年、沖縄県中城村生まれ。中国・上海にあった東亜同文書院大を中退後、米軍施政下の琉球政府で働きながら小説を書き、本土復帰前の67年、米兵による少女暴行事件を通して国際親善の欺瞞(ぎまん)を暴く「カクテル・パーティー」で芥川賞を受賞。米統治下の沖縄と戦中の中国を重ね、被害だけでなく加害者としての自分も告発した。68年には、明治政府が琉球を日本に組み込んだことを取り上げた「小説琉球処分」を出した。

 復帰後は県庁職員の傍ら執筆を続け、県立博物館長も務めた。「まぼろしの祖国」「天女死すとも」などを発表。93年には戦時中の沖縄の刑務所を題材にした「日の果てから」で平林たい子文学賞を受けた。2002年には、沖縄の作家としては初めての本格的な個人全集(全13巻)が刊行された。

 米軍普天間飛行場の県内移設を、明治政府の沖縄県設置強行、敗戦による米国への施政権引き渡しに続く「第3の琉球処分」と強く批判した。11年には、この問題をテーマにした短編集「普天間よ」を出版。3世代の登場人物を介して基地返還を政治問題ではなく、沖縄人のアイデンティティーを取り戻すこととして描いた。15年、「レールの向こう」で川端康成文学賞を受けるなど、創作意欲は衰えなかった。

 琉球王国の宮廷芸能だった歌舞劇「組踊(くみおどり)」などの伝統芸能の継承発展のため、04年に開館した「国立劇場おきなわ」の活動にも協力し、開館を記念する「真珠道(まだまみち)」など新作を執筆。沖縄方言の「最後のネイティブスピーカー」との責任感から、これまでなかった喜劇や、沖縄戦を描く組踊も書いた。(真野啓太)