調布市道路陥没事故、ボーリング調査始まる 原因究明へ

有料会員記事

平山亜理井上恵一朗
[PR]

 東京都調布市の市道が陥没した事故で、外環道のトンネル工事をしていた東日本高速道路(NEXCO東日本)が27日、現地でボーリング調査を始めた。原因を究明するため、地盤などを調べる予定で12月中旬まで続ける。

 陥没は20日、同市東つつじケ丘2丁目の市道で起きた。長さ約5メートル、幅約3メートル、深さ約5メートルの穴が開いた。

 この日の作業は陥没箇所近くであった。防音シートに囲まれ、上には作業用に組まれたやぐらがのぞいていた。午後3時ごろ、作業員数人がボーリングを開始。「ガガガガ」という機械音が周囲に響いた。工事を見る近所の数人が集まり、「きちんとやっているのか見ようと思っています」などと話し、様子を眺めていた。

 NEXCO東日本によると…

この記事は有料会員記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら