[PR]

 米国の週刊ニュース情報誌「TIME」は、大統領選を翌日に控えた11月2日付の最新号(米国版)の表紙題字を「VOTE」(投票)に変えて発行した。同誌によると、大統領選の投票を強く呼びかけることが狙いで、1923年の創刊以来、題字の変更は初めてという。

 VOTEの4文字は表紙上部に白抜きで大きく印字され、TIMEの文字は中ほどに小さく記された。過去にも大統領選の際に、表紙を二大政党のカラーである青と赤で彩ったことなどはあったが、題字自体を変更したことはなかった。

 同誌のエドワード・フェルゼンタール編集長兼CEOは発行に寄せた文書で、「今年は苦痛や苦難、混乱、喪失の多い年だった。それでも世界中の国々が(新型コロナウイルスの)パンデミック(世界的大流行)から再建を始めている。私たちもまた変革の時を迎えている」と指摘。「来たる米大統領選挙の結果以上に世界を形作るイベントはほとんどない」として投票を広く呼びかけた。

 最新号の表紙には、星柄のノー…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら