[PR]

 生命の情報が書き込まれているDNAにできた傷を、光を使って治すための研究に、大阪大基礎工学研究科の山元淳平准教授たちが取り組んでいる。最近、治療に用いるためのたんぱく質をパワーアップさせることに成功し、実用化に向けて一歩前進した。かぎは桜餅に含まれている成分だという。

 山元さんらがめざすのは、太陽光に含まれる紫外線によってできるDNAの傷の修復だ。DNAは塩基という化学物質がらせん階段のように整然と並び、生命の情報を「文字」として表している。

 ところが、紫外線のせいで隣り合う塩基どうしがくっついてしまい、文字が読み取れなくなってしまうことがある。この状態は、細胞ががん化する一因になるとされる。

 植物や昆虫、カエルなどでは、光のエネルギーを「光回復酵素」というたんぱく質に集め、酵素から銃のように電子を撃ち込んで、くっついた部分をはがして元に戻すしくみがある。

 一方、人間にはこの酵素がなく、人工的に酵素を利用しようとしても、人間で使うには酵素のパワーが不足しているらしい。

 そこで、山元さんたちはソーラーパネルのように光のエネルギーを集めて酵素に引き渡す「人工集光アンテナ分子」を開発した。この分子には、光を吸収する働きがあるクマリンという物質を使った。

 クマリンは植物に含まれる芳香…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら