[PR]

 米大統領選を前に、トランプ大統領の陣営の公式ウェブサイトが27日、一時的にハッキングされた。画面には司法省と連邦捜査局(FBI)のマークとともに、「このサイトは押収された」という大文字が映し出され、「トランプ大統領によって毎日拡散されているフェイクニュースについて、世界はもうごめんだ」などと書かれていた。ウェブサイトは、短時間で復旧した。

 トランプ陣営は声明でハッキングされたことを認めたうえで、捜査当局とともに対処しているとし、「重要なデータの流出はなかった」と述べた。(ワシントン=園田耕司)