【詳報】米大統領選タイムライン④完 ついにバイデン氏当選確実

[PR]

 共和党ドナルド・トランプ米大統領(74)と民主党ジョー・バイデン前副大統領(77)が争ったアメリカ大統領選は日本時間の11月8日未明、バイデン氏が当選を確実にしました。「トランプ政治」の継続か、それとも終幕か。11月3日の投票日から世界が注目し続けた異例の選挙の様子を、タイムラインで詳報します。

日本時間11月8日のつづき

01:28

バイデン氏がペンシルベニアで勝利、当選確実に

写真・図版
写真・図版

01:30

バイデン氏の地元では喜びの声

バイデン氏の地元デラウェア州ウィルミントンでは、バイデン氏の当選確実が伝えられると、特設会場近くに集まった300人ほどの支持者から「ユナイテッド・ステーツ・オブ・アメリカ!」と、喜びの声が上がった。星条旗を肩にかけた会計士の黒人、イェイ・ボアユさん(55)は「ディバイディッド(分断)ではダメ。我々は、ユナイテッド(団結)の国なんだから」と話した。「きょう、私たちはトランプに証明してみせた。この国は団結できる。彼がどんな言葉で分断をはかろうとも、人種や肌の色、宗教に関係なく、まとまることができる」

01:30

その時、トランプ氏はゴルフ中

バイデン氏の当選確実が報じられた時、トランプ氏はワシントン郊外の自身が所有するゴルフ場でプレー中だった。直後に陣営を通じて声明を発表し、「この選挙はまだ終わりにはほど遠い」と主張。大統領選で勝敗が決まった後に伝統的に行われてきた「敗北宣言」を拒否した。トランプ氏は今回の大統領選を「不正選挙」と主張し続けており、法廷闘争を続ける考えを強調した。

01:51

ヒラリー・クリントン氏「新しい1ページ」

前回の米大統領選でトランプ氏に敗北したヒラリー・クリントン氏も、バイデン氏の当選確実報道を喜んだ。ツイッターで「(バイデン氏とハリス氏の当選は)新たな歴史のチケットであり、トランプ氏への拒否であり、米国にとっての新しい1ページだ」と表現し、「実現のため力を貸してくれたみなさん、ありがとう」と感謝した。

01:52

バイデン氏「すべての米国人の大統領に」

バイデン氏が当選確実の報道を受け、ツイッターに投稿。「私たちの偉大な国を率いるために、みなさんが私を選んでくれたことを光栄に思う。目の前にある仕事は大変だが、私はみなさんに約束する。あなたが私に投票したかどうかにかかわらず、私はすべてのアメリカ人の大統領になる」

01:59

レディー・ガガさん、トランプ氏に「認めて」

当選確実が報じられたバイデン氏に対し、世界の著名人もお祝いのツイートを寄せた。歌手のレディー・ガガさんは「人類がこれまでに見た中で最高の優しさと勇気を世界に与えた」とバイデン氏とハリス氏をたたえた一方、トランプ氏に対し「(結果を)認めて」と呼びかけた。歌手のアリアナ・グランデさんは「泣いてます。神様、ありがとう」、映画監督のマイケル・ムーアさんは「歴史的!おめでとう!前へ!」、歌手のクリスティーナ・アギレラさんは「今こそ傷を癒やし、変化し、団結する時だ」とツイートした。2014年にノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイさんは、ハリス氏とのツーショット写真と一緒に「副大統領選出、おめでとうございます」と投稿した。

02:21

CNNアンカーは涙ながらに

【現地記者から】CNNがバイ…

この記事は有料会員記事です。残り15916文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

アメリカ大統領選2020

アメリカ大統領選2020

共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の2候補によって争われる11月3日のアメリカ大統領選。最新の発言や取材から、両候補の動きを追います。[記事一覧へ]