[PR]

 受刑者らの立ち直りを応援しようと、俳優の杉良太郎さんやEXILE(エグザイル)のATSUSHIさんらのお薦め図書をまとめたポスターが完成した。「読書の日」の27日に合わせ、全国の刑務所や少年院で掲示される。新型コロナウイルスの影響で各施設を訪問する活動がままならないなか、「少しはためになることを」と杉さんが発案した新たな試みが動き出した。

 法務省は2015年から受刑者らの支援活動を各界の著名人に委嘱。現在は12人・グループが「矯正支援官」として「特別矯正監」の杉さんとともに活動している。ポスターは2種類で、推薦した支援官らの思いを添え、「命のビザを繫(つな)いだ男 小辻節三とユダヤ難民」(杉さん)など計13冊が紹介されている。

 杉さんとATSUSHIさんは23日、今回の取り組みにサポーターとして加わったAKB48の向井地(むかいち)美音(みおん)さんと法務省を訪れ、上川陽子法相と面会。その後の会見でATSUSHIさんは「少しでも人生をいい方に転換させるきっかけになってほしい」と話した。(伊藤和也)