[PR]

 JR東海は28日、未定としていた2021年3月期決算の業績予想で、最終的なもうけを示す純損益が1920億円の赤字(前年は3978億円の黒字)になりそうだと発表した。通期での赤字は1987年の国鉄民営化後初めて。

 新型コロナウイルスの影響で東海道新幹線の利用者が激減し、回復も長引くと予想した。21年3月期の売上高は8630億円(前年比53.2%減)、営業損益は1850億円の赤字(前年は6561億円の黒字)を見込む。

 同社の売上高は単体で9割、グループで7割を東海道新幹線が稼ぐ。新型コロナで利用者は4、5月に前年比1割まで減り、7~9月も3割ほどで推移している。

 新型コロナによる利用客の激減はJR各社の業績を直撃。JR東日本とJR西日本の21年3月期の純損益も、民営化後最大の赤字を見込む。JR東の赤字額は4180億円(前年は1984億円の黒字)で通期での赤字は民営化以降で初めてだ。(初見翔)