【動画】大阪・茨木市の工事現場で土砂崩れ=高橋伸竹 撮影
[PR]

 28日正午ごろ、大阪府茨木市千提寺(せんだいじ)の土木工事会社「乾開発工業」の資材置き場で、崩れた土砂に工事関係者が埋まった、と119番通報があった。府警によると、別の会社に勤める20~50代の男性4人が救急搬送され、このうち滋賀県湖南市の矢内洋(ひろし)さん(42)の死亡が確認された。ほかの3人もけがをしたが、命に別条はないという。府警は業務上過失致死傷容疑を視野に調べている。

 茨木署によると、敷地内に置かれた土砂を囲っていたコンクリートブロックが崩れ、土砂と一緒にそばにあったプレハブ小屋を押しつぶした。4人は小屋の中におり、50代の2人は自力で抜け出し、矢内さんと20代の1人は駆けつけた消防隊員らに助け出された。

 現場は新名神高速道路茨木千提寺インターチェンジの北側の山あい。