[PR]

 来年デビュー40周年を迎える中井貴一の紫綬褒章受章が決まった。現在主演中のドラマ「共演NG」(東京系、月曜夜10時)はテレビドラマ制作の現場を描くユニークなラブコメディーで、演じるのは「実力派大物俳優」役。世の中が大きく様変わりしつつある今、役者として何を思い、どのように芝居と向き合っているのか聞いた。

 ――9月18日に59歳の誕生日を迎えました。50代最後の1年ということで、意識していることはありますか?

 50代は「ゴールが見えるようになってきた」という感じがします。ずっと山を登っていて、頂上を目指していくんですけど、「なんかこの辺りから下りたところが見えてきたな」みたいな感じがするんです。だから、「あのぐらいに着地をするのかなあ」ということが見える年齢には確実になったなあと思います。

拡大する写真・図版中井貴一=篠塚ようこ撮影

 若いころは「なめられちゃいけない」とか「ちゃんとしなきゃいけない」みたいに肩に力が入って生きていたのが、年齢を増してくると力が抜けてくるんですよね。そうすると、逆に子どもになってきちゃった感じがするというか(笑)。「もう大丈夫なんじゃない、これで」みたいに、気楽になってきた感じがするので、「もしかしたら人間ってここからの人生のほうが面白いのかもしれないなあ」と最近は思っています。

 ――今後のご自身の展望をどのように描いていますか?

 今回、コロナで2カ月とか3カ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら