[PR]

 副業人材を生かそうと、IT大手ヤフーは28日、業務の委託契約を104人と結んだと発表した。その大半は新事業の提案などをしてもらうアドバイザー職。月に5時間ほど原則としてオンラインで働いてもらい、5万円を支払う。契約期間は約3カ月。

 応募は4500人以上からあり、国内外に住む104人と契約した。年齢は10~80歳。小学生から医師、漫画家、社会学者まで幅広い。インターネット掲示板「2ちゃんねる」を創設した西村博之(ひろゆき)氏とも契約した。

 104人のうち3人は、プラットフォーム設計の分析などを行う専門職。グルメサイト「Retty(レッティ)」の幹部らと契約した。ヤフーは今後も、会計や知的財産などの分野で副業人材と契約を結んでいく方針。(益田暢子)