[PR]

 富山県中央植物園(富山市婦中町上轡田)の北池で、冬の渡り鳥「コガモ」が羽を休めている。

 同園の担当者によると、コガモは日本で見られるカモの中で最も小さく、シベリアなどから渡って来る。最初はオスもメスも茶色の羽毛だが、本格的な冬に向かってオスは鮮やかな姿に変わり、メスに求愛する。春にはつがいになって北方へ帰っていくという。(木村聖)

関連ニュース