[PR]

 海上自衛隊呉基地(広島県呉市)の潜水艦教育訓練隊で29日、女性隊員5人が訓練を終え、女性の潜水艦乗組員が初めて誕生した。潜水艦は艦内が狭くプライバシーを保てないとして女性の配置が見送られてきたが、防衛省が2018年に性別制限を撤廃。女性が乗る潜水艦には専用区画などが順次設けられる。

 5人は、田口夢花(ゆめか)・3等海曹(23)ら20~40代で、潜水艦運用の実務を担う。2月に知識と技能を学ぶ課程に入り、6月から練習艦「みちしお」で実習していた。

 この日の式典で、5人は潜水艦乗りの証し「ドルフィンマーク」を阿部純一艦長(50)から上着の左胸に付けられた。阿部艦長は「今日はゴールではない。女性乗組員の初日としていかなる任務にも対応を」と激励。田口さんは報道陣に「大変うれしい。女性乗組員として(艦内環境の)改善もできた。女性の活躍の一翼を担いたい」と抱負を述べた。

 海自によると、現在海上自衛官約4万3千人のうち女性は約3200人。(能登智彦)