拡大する写真・図版なでしこリーグは近年、集客面で伸び悩んでいる

[PR]

 プロリーグとして成り立つのか。そんな疑念がぬぐえない。来年9月に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WE(ウィー)リーグ」の準備が始まっている。それをどう発展させるのか。プロリーグ創設を主導してきた日本サッカー協会の明確なビジョンが見えにくいことが気がかりだ。

 日本女子サッカー界にプロリーグをつくることには、賛成だ。2011年女子ワールドカップ(W杯)で日本代表(なでしこジャパン)は初優勝したが、今の世界ランキングは11位と低迷。プロリーグ化が進む欧米に力を引き離されている。日本選手のレベルアップにつながるなら、プロリーグ創設は一つの選択肢だろう。

 ただ現状、プロリーグが成功する形が見えない。まずは人気面。近年のなでしこリーグの1試合平均観客数は2千人に届いていない。WEリーグが目標とする1試合平均観客数は5千人。WEリーグの岡島喜久子チェア(代表理事)は「今までサッカーを見てこなかった人たちにアプローチをしていくことなどを絶賛考え中」と話すが、具体的な取り組みはまだない。

拡大する写真・図版なでしこリーグの近年の1試合平均観客数は2千人未満だ

 各クラブの運営面も気にかかる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら