[PR]

 東京都中央区にある松屋銀座は、デパ地下の生鮮食品の注文を電話で受け、タクシーで即日届けるサービスを11月4日から始める。対象地域は東京23区で、配送料金は税込み2750円から。午後1時までに注文を受ければ、午後3~6時に届ける。タクシー事業者でつくる「チェッカーキャブ無線協同組合」と連携する。

 松屋銀座では、国の緊急事態宣言による休業が明けた5月以降、食品の電話注文が増えた。これまで翌日配送で対応していたが、今後も需要が見込まれることから、当日配送の新サービスを始めることにした。注文は、松屋銀座の社員が電話で聞く。その日のおすすめ商品の紹介もする。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、タクシーを使って食品を運ぶことが継続的に認められることになった。「巣ごもり需要」に応えたい店側と、客が減って新たな仕事を探っているタクシー側の思惑が重なっている。(佐藤亜季)

拡大する写真・図版松屋銀座の新サービスでは、買い物を社員が代行し、商品をタクシーの運転手に託す=松屋提供