【動画】嗅覚検査とは?新型コロナ感染後も嗅覚障害が残る記者が受けてみた=東京大病院の石川翔也医師撮影
[PR]

 3月に新型コロナウイルスに感染した記者(38)は、退院してから6カ月以上たっても、嗅覚(きゅうかく)が完治していない。嗅覚障害について取材をするなかで、「においの感じ方を検査することができる」と知り、8月に東京大病院の近藤健二・准教授(耳鼻咽喉(いんこう)科)をたずね、実際に受けた。

拡大する写真・図版東京大病院の近藤健二・准教授(左)から説明を受けながら、嗅覚(きゅうかく)検査を受ける記者=2020年8月、東京都文京区の東京大病院

 日本で行われている嗅覚検査はおもに二つある。用意されたにおいを鼻でかぐ「基準嗅覚検査」と、注射して調べる「静脈性嗅覚検査」だ。どちらも保険が適用されるとのことで、両方を申し込んだ。

 まず受けたのは、基準嗅覚検査。診察室の椅子に座った記者に1枚の紙が渡された。そこには

①桃の缶詰、甘くて重いニオイ

②口臭、古いたんすのニオイ、野菜くずのニオイ、防虫剤

③バラの花のニオイ、軽くて甘いニオイ

④腐敗臭、古靴下のニオイ、汗くさいニオイ、納豆のニオイ

⑤甘く焦げたにおい、プリンのニオイ

と書かれていた。

 近藤さんからは「今から、これ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら