国内唯一のオロロン鳥(ウミガラス)の繁殖地・北海道の天売島で、ヒナの巣立ちが10年連続で確認された。
[PR]

 オロロン鳥の名で知られる絶滅危惧種のウミガラス。日本海に浮かぶ北海道の天売島(羽幌町)は、国内唯一の繁殖地だが、一時期、繁殖ゼロが続いた。しかし天敵に襲われにくい営巣地への誘導などが功を奏し、今夏のヒナの巣立ちは近年最多の24羽。10年連続で巣立ちが確認されるまでになった。

拡大する写真・図版天売島に今年飛来したウミガラス(環境省提供)

 離島や海沿いの断崖に集団で巣を作るウミガラスは、かつて道内各地で繁殖が確認され、天売島でも1960年代には約8千羽が飛来したと推定されている。しかし、その後急減し、2002年には13羽しか飛来しなかった。巣立ったヒナも04~07年は0羽。環境省は減少について、餌資源の減少や漁網による混獲、ハシブトガラスといった天敵の存在などが原因ではないか、と推測する。

拡大する写真・図版天売島のウミガラスの推移

天敵から巣守る

 島内にはかつて、複数の繁殖地があり、地元で保護の取り組みが進められていた。03年からは環境省が、「屛風(びょうぶ)岩」へのウミガラスの誘導に着手した。ウミガラスは春になると南の海から北へ渡るため、屛風岩にスピーカーを設置し、ウミガラスの鳴き声を鳴らし、「仲間がいるよ」とアピール。また集団で営巣する習性があることから、鳥の模型「デコイ」も設置した。06年には飛来数が52羽と増えたが、営巣地は岩の上でハシブトガラスなどに狙われやすいため、繁殖につながらなかった。

拡大する写真・図版ウミガラスの営巣地は、「赤岩対崖」の海面から約25メートルの高さのくぼみにある=環境省提供

 そこで同省は、09年から島の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら