拡大する写真・図版10月18日の名古屋戦で、シュートを放つ川崎の三笘=伊藤進之介撮影

[PR]

 サッカーJ1川崎の三笘薫が、あと2得点で、J1新人年間最多得点記録の13得点に並ぶ。残り10試合。「僕自身も期待しています」と新記録を視野に入れる。31日のFC東京戦(18時、等々力陸上競技場)でハットトリック(3得点)を決めれば、一気に記録を更新する。

 18日の名古屋戦。前半44分、CKのこぼれ球をファーサイドの位置で右足で押し込んだ。GKランゲラックが飛び出してこないことを試合中に見抜いた。そのため、ファーサイドに位置取った方がボールが流れてくると予想。「うまく立ち位置が取れた」と計算ずくの動きだった。

 今季出場20試合で11ゴール。2009年の横浜マの渡辺千真(現ガ大阪)、14年のFC東京の武藤嘉紀(現エイバル)のもつJ1新人年間最多13得点まであと2点だ。

 左ウィングに入ることの多い2…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら