[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)が29日、第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦で佐藤天彦九段(32)に118手で勝った。今期リーグの初勝利で、成績は1勝3敗となった。挑戦権獲得の可能性は既になくなっているが、残る2局の戦いでリーグ残留を目指す。

 先手の佐藤九段が選んだ戦法は、振り飛車の一つである「中飛車」。佐藤九段としては珍しく、意表の出だしになった。終盤で優位に立った藤井二冠が手堅い戦いぶりで押し切った。「中飛車はやや意外だった。あまり成績のことは考えずに(残る2局も)全力を尽くしたい」。1勝4敗となり、リーグ陥落が決まった佐藤九段は「中飛車はいつか指してみたいと思っていた。今の自分の実力かなと思うので、(陥落は)仕方ない」と話した。

 この日は、羽生善治九段(50)も同リーグの対局があり、勝って成績を3勝0敗とした。ほかに、豊島将之竜王(30)と永瀬拓矢王座(28)が3勝0敗で並んでいる。(村瀬信也