[PR]

 家庭用磁気商品のオーナー(販売預託)商法を展開したジャパンライフ(東京、破産手続き中)をめぐる詐欺事件で、警視庁や愛知県警などの合同捜査本部が元会長の山口隆祥容疑者(78)=詐欺容疑で再逮捕=の関係先から現金約6千万円を押収していたことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁などは隠し財産とみている。

 破産管財人が確認した山口容疑者の財産(今月5日時点)は約200万円。この6千万円は債権者への返金にあてられる可能性もあるが、億単位の出資をした顧客も少なくなく、賠償に十分な額にはならないとみられる。

拡大する写真・図版警視庁本部

 捜査関係者によると、現金が見つかったのは東京都文京区の貸倉庫で、同社が約2千億円の負債を抱えて経営破綻(はたん)した2017年12月の前後に山口容疑者の妻名義で契約され、合同捜査本部が今月上旬に事件の関係先として捜索した。

 これまでの捜査で、山口容疑者と、次女で元社長の山口ひろみ容疑者(48)が同社の破綻直前まで1カ月に約300万円以上の役員報酬を得ていたことが判明。破綻前後、山口容疑者が個人口座から約6千万円、ひろみ容疑者が約1800万円を引き出したこともわかった。

 ただ、被害弁護団によると、破…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら