[PR]

 米上院の公聴会で28日、米ツイッターのジャック・ドーシー氏、フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ氏、グーグルのスンダー・ピチャイ氏の3人の最高経営責任者(CEO)が証言した。本来のテーマは、ネット企業のコンテンツに関する保護規定の見直しの是非。だが、大統領選を前に、共和党議員が保守派の投稿が阻害されていると牽制(けんせい)するなど、政治色が濃い内容になった。

 「一体誰が、あんたを選挙で選んだって言うんだ」

 与党・共和党のテッド・クルーズ上院議員は、ツイッター社による保守派メディアの取り扱いが不当だとして、ドーシー氏に詰め寄った。同氏は「私たちはもっと信頼を得る必要がある。私たちの意図について、より説明責任を果たしていかないといけないことは分かっている」と答えた。

 この日のテーマは、1996年制定の「通信品位法230条」について。利用者が投稿するコンテンツについて、ネット企業の責任を幅広く免除してきたもので、米当局や議会で見直しの検討が進んでいる。だが、3トップは「人々の表現の自由を促進している」(ザッカーバーグ氏)などとその重要性を強調した。

 クルーズ議員が冒頭に問題にし…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら