[PR]

 世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=が31日(日本時間11月1日午前)、米ラスベガスでWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=豪州=との防衛戦に臨む。この一戦の展開を、「パンチを予見する男」との異名を持つボクシング界で有名なカメラマンに予想してもらった。

 王者の左ボディーブローが、挑戦者を悶絶(もんぜつ)させるだろう――。

 そう「予見」するカメラマンは福田直樹さん(55)。米専門誌でボクシング写真界の「絶対王者」と称され、自身の特集が組まれたこともある。

 拳が相手をとらえる、1千分の1秒とも言われる瞬間をカメラで切り取ってきた。主導権を握りそうな選手の視点に自分をシンクロさせ、相手選手に打ち込むスキが生まれたタイミングを逃さずシャッターを切る、というのが福田さんの手法だ。

 井上について、福田さんは「とてもシンクロしやすい」と話す。基本に忠実で、変な癖や無駄がないからだ。その強打から「パンチが相手をかすめただけでもKOしてしまう。いつ試合が終わるか分からない。極限の集中力が必要で、ワクワク、ゾクゾクする被写体」だという。

 挑戦者モロニーの映像を確認済みの福田さん。「早いラウンドで井上のKO勝ち」とみる。井上と「シンクロ」して相手を分析すると「モロニーは両脇腹が空いている。ボディーが当たりそうだ」。

 昨年11月。福田さんはワール…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら