[PR]

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは29日、2021年3月期決算の業績予想が、511億円の純損失(前期は622億円の黒字)になる見込みだと発表した。1996年に東証1部に上場してから赤字は初めて。入園者数も過去最低の950万人の見通しだ。

 売上高の予想は前期比60・1%減の1854億円、営業損益が514億円の赤字(前期は968億円の黒字)。コロナ禍で東京ディズニーランドとシーは2月末から6月末まで臨時休園した。7月に再開したが、入園者数は通常の半分以下に制限した。4~9月の入園者数は269万人と前年同期の2割以下に減った。

 オリエンタルランドは約4千人いる正社員と嘱託社員の賞与を7割減らす。時給で働くダンサーら出演者約1千人に対しては、窓口業務に移ることや退職などの選択肢を示した。

 横田明宜(あきよし)常務は29日の会見で、基本的には雇用を維持していきたいとしつつ、「ショーなどがしばらく実施できないため、ダンサーの方などには辞める選択をした方もいる」とした。

 入園者数が戻らないなか収益力の向上が課題だ。横田常務は「訪日外国人客の回復が見通せないなかで、国内ゲストに魅力ある施設を提供していく。テーマパーク開発に向けた新規投資と、チケット価格の見直しも含めた客単価の引き上げ策で、収益改善を図りたい」と述べた。(中島嘉克、佐藤亜季)