[PR]

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する大阪都構想の是非を問う住民投票が11月1日にあります。「大阪都構想って何?」を徹底的におさらいしていきます。

⑬区役所の窓口サービスは変わる?

 Q:大阪市がなくなって四つの特別区に分かれたら、区役所の窓口サービスはどうなるの?

 A:大阪市の今の24区は市の組織の一部である「行政区」だ。市の廃止で4特別区ができると24の「地域自治区」に名称が変わるが、府と市の案では、区役所の建物はそのまま残し、窓口サービスも継続して受けられる、としている。

拡大する写真・図版特別区の区割り

 Q:区役所で受けられる住民サービスって?

 A:保育所の入所手続きや生活保護の相談・申請、住民票の写しや税関係の証明書の発行などさまざまだ。今まで行政区でできなかったパスポートの申請・交付も、特別区単位でできるようにする予定だ。

 Q:母子健康手帳をもらったり、乳幼児健診を受けたりした「保健福祉センター」は?

 A:そのまま残る。

 Q:特別区の本庁舎はどうなるの?

 A:本庁舎は予算編成や政策企画、総務といった機能を担うことになる。新しい淀川、中央、天王寺の各特別区は、それぞれ行政区の淀川、中央、天王寺の区役所に本庁舎を置く。特別区の北区は、今の大阪市役所本庁舎に入る。

 Q:すべての職員が入りきらないって聞いたけど?

A:淀川、天王寺両区は今の区役所だけではスペースが足りず、今の大阪市役所に「間借り」する予定だ。本庁の業務をする職員のうち淀川区は8割、天王寺区は5割の職員がここで働く見込みだ。災害時などの対応を懸念する声もある。(森下裕介)

⑭住所変更の手続きは必要?

 Q:「#ニュース4U(#N4U)」取材班に寄せられた質問だけど、特別区になると住所表記はどうなるの?

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
#ニュース4Uはあなたと共に深掘り取材する企画です。声をお寄せください。LINE公式アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

記事後半では「⑮大阪市民以外は投票できないの?」をQ&Aで。

 A:最終決定はまだだが、大ま…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら