[PR]

 仏高級ブランドのモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)は29日、9月に撤回した米高級宝飾大手ティファニーの買収計画で同社と再び合意したと発表した。ティファニー側が買収価格の引き下げに応じ、買収総額が158億ドル(約1兆6600億円)と、前回より約4億ドル(約420億円)低くなった。来年早期の買収完了をめざす。

 買い取り価格を1株135ドルから131・5ドルに下げた。コロナ禍で業績が悪化したため、水面下で見直しを交渉していた。

 LVMHは昨年11月、宝飾品部門の強化を目的にティファニーと買収で合意。今年9月になって買収計画を突然、撤回した。仏政府から買収期日を延ばすよう助言されたことなどを理由に挙げていた。

 ティファニーは、一方的な撤回…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら