[PR]

 新型コロナウイルス禍のなか、街は31日にハロウィーンを迎える。新たな風物詩として若者や子どもたちの間で定着しつつも、時に騒動を引き起こしてきた。人が集まるのが難しい状況で、イベントの姿はどう変わるのか。

 対応に悩むのが、毎年大勢の若者が集まっていた東京都渋谷区だ。

 「HOME HALLOWEEN」。22日、長谷部健区長は会見でそう書かれた旗を掲げ、来訪自粛を呼びかけた。

 近年、ハロウィーン前後の渋谷駅周辺では、酒を飲んで騒いだり大音量で音楽を流して暴れたりする人たちが問題になってきた。2018年には軽トラックが横転させられ、昨年は痴漢などで逮捕者も出た。

 区は昨年、期間中の駅周辺の公…

この記事は有料会員記事です。残り2774文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2774文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2774文字有料会員になると続きをお読みいただけます。