拡大する写真・図版NHK上方漫才コンテストで優勝したネイビーズアフロ。皆川(左)とはじり=2020年10月、大阪市中央区のNHK大阪ホール

[PR]

 50回目を迎えた若手芸人が競う「NHK上方漫才コンテスト」が30日放送され、ネイビーズアフロが頂点に立った。賞レースの決勝でことごとく敗れてきたが、勝てぬジンクスをついにはね返した。勝因はどこにあったのか。

M-1ファイナリストら敗退

 本選の8組には、昨年のM―1で6位だったからし蓮根、今年のキングオブコントで決勝に進んだニッポンの社長もいた。1本目は4組ずつ2ブロックに分かれ、別ブロックに入ったからし蓮根が伏兵・きんめ鯛(だい)に敗れる波乱。コントで臨んだニッポンの社長らを破ったネイビーズアフロは、優勝をかけて2本目できんめ鯛と対決した。

 先に出たきんめ鯛は、卒業生の呼びかけネタで真輝志(まきし)(26)が的確なツッコミを見せて笑いを奪う。対するネイビーズアフロは、コンビニで働く若い女性に好かれていると思い込んだ皆川(28)を、はじり(28)がたしなめる展開。終盤は、熱量の高い怒濤(どとう)のかけ合いで笑いを重ねた。

拡大する写真・図版優勝が決まり、感極まる皆川(左)とトロフィーを抱くはじり=大阪市中央区のNHK大阪ホール

後半の読みどころ
数々の若手賞レースで決勝に残りながら勝てなかったネイビーズアフロ。初栄冠の今回は何が違ったのか。振り返ります。

落ち着けたワケ

 7人の審査員のうち5人の支持を集めて優勝。感極まってステージに倒れ込んだ皆川は終演後、冷静にこう振り返った。

 「今年に入って関西でテレビの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら