拡大する写真・図版(左から)海原かなた、海原はるか、酒井とおる、酒井くにお=2020年9月24日午後2時25分、大阪市中央区、槌谷綾二撮影

[PR]

 酒井くにお・とおる、海原(うなばら)はるか・かなたはなんと、今年で結成半世紀。11月の記念公演を前に、漫才師たちにコンビの歩みを振り返ってもらった。(篠塚健一)

伝説の「新花月」

 くにお 通天閣の近くにあった新花月(演芸場)はすごいとこだったねえ。

 とおる よくヤジを飛ばされました。昭和50年ぐらいから出ましたけど、東京から来た僕らに「関東弁しゃべるな」「おもろないなあ」……。

 くにお お客がいきなり立ち上がるんですもん。そしたら、別のお客が「聞いてやれよっ、おまえ」なんてね。お客同士でケンカが始まり、「どうしたらいいんでしょう」と言ったら、シャレた客がいましたわ。「ケンカの解説せいっ」

 はるか 楽屋入りするまでに酔っ払いを見ない方が珍しかった。

 かなた 酔うてはんねんけど、「おまえら気に入った」。そう言って、舞台にグシャグシャのお札を置いてくれはるお客もいたなあ。

 はるか 1万円もらったこともある。酔いがさめると戻ってきて「9千円返してくれ」。

 かなた 今晩寝るとこないねんって。

後半の読みどころ
1980年代の漫才ブーム。そして、自分たちの漫才の形や爆笑ギャグがいかに生まれたのか。これからへの思いについても語り合っています

■80年代の漫才…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら