[PR]

 あおり運転をされるなどしたため、うつ病を発症したとして、兵庫県内に住む男性が相手の男性運転手に約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が神戸地裁であった。姥迫(うばさこ)浩司裁判官は、運転手に約720万円の支払いを命じた。判決は27日付。

 判決によると、男性は2012年11月5日未明、神戸市灘区の市道を車で走行中、追い越した車から猛スピードで追走された。男性が赤信号で一時停止したところ、車から降りた運転手は男性の車の窓ガラスをたたき「開けろ。出てこい」などと大声をあげたり、ドアを何度も蹴ったりした。

 男性は8日後、受診した医療機関で「ショックで頭痛や不眠、運転中に後方の車が過度に気になる症状が表れた」と相談。その後出勤できない状態となり、うつ病と診断された。

 姥迫裁判官は「今回のトラブルの内容自体、客観的に相応の恐怖を与えるもの」として、あおり運転や暴行行為とうつ病の因果関係を認定した。

 男性は代理人弁護士を通じ、「同様の被害を受けながら訴訟も起こせず苦しんでいる方が他にもたくさんいると思う。今回の判決が、そういった方の希望につながればいいと思います」とコメントを出した。(森下友貴)