第10回「なんてこった」4年前の衝撃…パックンが語る大統領選

有料会員記事アメリカ大統領選2020

笠原真
【動画】「そこが気になるアメリカ大統領選」パックンに聞いてみた=加藤諒撮影
[PR]

 跳びはねて喜んだり、泣いて悲しんだり。それぐらい感情を大きく揺さぶられるのがアメリカ大統領選なんです――。そう話すのは、タレントとして幅広く活躍するパックンこと、パトリック・ハーランさん(49)です。なぜそこまで感情移入するのか。大統領選への思いを聞きました。

 ――すでに民主党候補バイデン氏に投票したそうですね。どんな気持ちで一票を投じましたか?

 僕の出身地で投票権を持つコロラド州は近年、民主党が優勢で、オバマ氏やヒラリー・クリントン氏が勝ってきました。今回もバイデン氏が勝つでしょう。僕も希望を込めて一票を入れましたが、結果がある程度わかっているという点では、そこまで大きな意味を持つ一票ではありません。その一方で、下手したら、またトランプ氏が再選してしまうかも、という気持ちがぬぐえない。前回の選挙はトラウマのようになっていて、今でも3カ月に1回くらい「これは夢なのかな」と思うんですよ。「本当に大統領はトランプなの?」と。現実を疑うような4年間でした。

 ――それほど4年前のトラン…

この記事は有料会員記事です。残り3072文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

アメリカ大統領選2020

アメリカ大統領選2020

共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の2候補によって争われる11月3日のアメリカ大統領選。最新の発言や取材から、両候補の動きを追います。[記事一覧へ]

連載そこが気になるアメリカ大統領選(全13回)

この連載の一覧を見る