激戦州、カギ握る黒人票 「背後に誰かが」共和党層抵抗

有料会員記事アメリカ大統領選2020

ウィルミントン=藤原学思
[PR]

分極社会

 黒人男性の死亡をきっかけに、米国中に広がった「ブラック・ライブズ・マターBLM)」の運動は、11月3日の大統領選にどう影響を与えるのか。激戦州では、黒人の投票率を上げて勢いを政治に反映させようとする試みがある一方、BLM運動に否定的な声も聞こえる。

 18日、米ノースカロライナ州ウィルミントンで「ブラック・ライブズ・マター」と叫ぶ、デモ参加者の声が響いた。今年、米国各地で聞かれた、「黒人の命も大切だ」といった意味の言葉だ。だが、この日は少し違うスローガンも聞こえた。「ブラック・ボーターズ・マター(黒人の有権者も大切だ)」

 デモの目的は、黒人の投票率…

この記事は有料会員記事です。残り1600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

アメリカ大統領選2020

アメリカ大統領選2020

共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の2候補によって争われる11月3日のアメリカ大統領選。最新の発言や取材から、両候補の動きを追います。[記事一覧へ]