[PR]

 学生駅伝の日本一を競う秩父宮賜杯第52回全日本大学駅伝対校選手権大会が11月1日午前8時5分、スタートする。コースは、名古屋・熱田神宮西門前から三重・伊勢神宮内宮宇治橋前までの8区間106・8㌔で、前回8位以上のシード校と全国8地区の代表校計25校が競う。今大会注目の選手を紹介する。

青山学院大・吉田圭太(8区)

 新型コロナウイルス感染が収束しない中でのチームづくりについて、青学大4年の吉田圭太はこう語る。「今まで以上に明るい雰囲気を心がけた。特に1年生は授業もなく、なかなか友達ができないので、食事の時など話しかけるようにした」。チーム一丸で2年ぶりの優勝を狙う。

 昨年、一昨年と日本選手トップの3位だった日本インカレの5000メートルは今年は8位。ただ、その後、10月の記録会では13分37秒34の自己記録をマークするなど調子を上げてきている。

 全日本は2年時に6区で区間賞、昨年は7区で2人を抜き、チームを一時トップに引き上げた相性のいい大会。エースは補欠となり、戦略的にレース直前に走る区間が決まることがあるが、吉田も補欠登録だ。「役員の方々が全力で開催してくださる中、選手は100%の力で走れるように準備したい」と力を込める。

東海大・名取燎太(8区)

 昨年の大会で東海大の名取燎太は、青学大との競り合いを制して優勝のテープを切った。「2連覇を狙えるのは東海大だけ。もう一度テープを切りたいという気持ちはあります」

 今季は例年春に開催される関東インカレの5000メートルと1万メートルを目標にスピードを磨く予定だった。しかし、新型コロナウイルスの影響で大会が延期に。「モチベーションが下がった時期もありましたが、やれることはやっていこうと気持ちを入れ替えました」。1万メートルは9月の記録会で、自己記録を1分16秒も縮める28分10秒51をマークした。

 意識する選手を尋ねると、チームメートの塩沢稀夕(きせき)と青学大の吉田圭太をあげた。「同学年の選手には負けたくないですから」

早稲田大・中谷雄飛(3区)

 早大のエース中谷雄飛(ゆうひ)は9月の日本インカレ1万メートルで16位と惨敗。「どうしてああなったのか分からず、だいぶへこんだ」。気持ちを切り替えて臨んだ9月の長野・菅平高原での合宿で「がむしゃらに走り込めるだけ走り込んだ」。その結果、早大のグラウンドで開かれた10月の競技会の1万メートルで28分19秒27の自己新を出し、復調気配だ。

 8月に高校、大学の先輩にあたるマラソン日本記録保持者、大迫傑の短期キャンプにも参加。「いかに高強度の練習を継続してできるかが大切だと学んだ」

 昨年の全日本では3区で東洋大の相沢晃(現旭化成)に抜かれた。「今年も3区を走り、相沢さんに匹敵するインパクトを残したい」と意気込む。

駒沢大・田沢廉(8区)

 駒大の田沢廉は1年生の昨季、3大駅伝にすべて出場し、全日本では7区で区間賞を奪う快走を見せた。今季も日本インカレの1万メートルで日本選手トップの4位に入るなど順調だ。「日本選手トップは当たり前。表彰台に上がれなかったことが悔しい」と頼もしい。

 「昨年度はあこがれの3大駅伝に出ただけという感じ」とも。今年は他校のマークもきつくなる。「そういうマークをかわして、いかにほかの選手に勝てるかを考えたい。タイムも順位もこだわっていきたい」

 全日本を12度制している駒大は2014年を最後に優勝から遠ざかっている。今年も生きのいい1年生がメンバーに入ったが、田沢の快走なくして復活の道はない。