[PR]

 日本航空は30日、2021年3月期の純損益(国際会計基準)が、2400億~2700億円の赤字になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で航空旅客が激減。前年は480億円(国際会計基準に換算)の黒字だったが、過去最大となる大幅な赤字に転落する見込みとなった。

 これまでの最大の赤字は、10年3月期(10年1月に破綻(はたん)したため、4~12月までの9カ月間)の1779億円。今年度から会計基準を変更したため単純比較できないが、これを超える水準となる。

 売上高は5300億~6千億円で前年比60%前後の減少となる見通し。これまで年間の業績予想については、先行きが不透明で確度の高い需要予測を見積もることができないため未定としていた。

 4~9月の旅客数は、各国で出入国の制限が続いた影響で国際線は前年の同じ期間から97・7%減り、需要がほぼ消失した。国内線も緊急事態宣言が出ていた4、5月を底にやや回復傾向にあるが、それでもこの6カ月で76・1%減と大幅な減少となった。

 同日発表した20年9月の中間決算は、売上高が74・0%減の1947億円、純損益は1612億円の赤字(前年は541億円の黒字)だった。