[PR]

 元秘書への暴行罪で略式起訴されていた石崎徹衆院議員(36)=比例北陸信越ブロック、22日に自民党を離党=に対し、新潟簡裁が罰金20万円の略式命令を出した。命令は26日付。

 石崎氏は30日午後、朝日新聞の取材に対して「弁護士と協議し、しかるべき手続きをとって(罰金を)納付する予定」と話した。議員辞職については「職責を全うしたい」と述べ、改めて否定した。

 石崎氏は昨年4月、新潟市内を走行中の車内で、運転していた男性秘書(当時)の後頭部を殴り、同5月にも車内で同じ男性のこめかみ付近を殴ったとして新潟区検に略式起訴されていた。

 石崎氏は、財務省職員を経て2012年に自民公認で立候補し、衆院新潟1区で初当選。17年に3選した。(緑川夏生、杉山歩)