[PR]

 11月3日、新型コロナウイルスの感染拡大後、国内では初となる男子のプロボクシング世界戦が大阪市内である。世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)が挑戦者として招いたのは、タイの選手。来日後に2週間の隔離生活を送るなど、新型コロナ対策をとりながら、世界戦の実現をめざしてきた。

 挑戦者は同級10位のタノンサック・シムシー(20)。10月7日に来日すると、マネジメント契約を結ぶグリーンツダジムが準備した大阪市内のマンションで2週間の隔離生活に入った。「一人でいることはきつかったけど勝つために我慢した。今は天国にいるみたい」。隔離が明けた23日、取材に応じ、そう笑った。

 ボクシングも海外選手を呼ぶことは難しい状況だったが、京口の所属ジムや日本ボクシングコミッションなどが政府と交渉し、このカードの成立にこぎつけた。だからこそ、来日後の管理は徹底した。

 グリーンツダの本石昌也会長は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら