[PR]

 2020シーズンのJ3リーグは23試合を終え、ブラウブリッツ秋田はここまで16勝7分けの負けなしで無敗記録を更新し続けています。開幕以降J3リーグ首位を維持し続けていますが、まだ何も結果は出ていません。引き続き一戦一戦を集中して戦い抜き、皆様に熱い試合をお届けできるよう選手たちは最後まで走り続けます。

 J3リーグ後半戦では、首位のBB秋田に対して戦術面で対策を取られることも多くなり、特にゴール前で引いて守る相手が増えてきました。そんな中でも選手たちは「やることは変わらない。さらに精度を上げて相手を上回る」と口をそろえます。球際の最後の最後まで走り、奪い、ゴールへ向かう、という意識がチーム内で統一されており、どの選手が出場してもブレることなく一体感をもって相手に挑みます。

 10月14日のアウェーFC岐阜戦では、MF15江口直生がセンターライン前から60メートル超のロングシュートを放ち、前に出ていた相手ゴールキーパーの頭上を越す見事なゴールを決めました。「ボールを持ったらゴールを向く」日頃のトレーニングで行っている意識統一が結果として表れたゴールでした。この試合ではそのほかにも4得点を奪い勝利し、大きな勝ち点3を積み上げます。

 また今シーズンの秋田は選手全…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら